多機能型生活支援センター やまぶき

代表の石川です。開設して4年目に入ります。

前向きに成長していくことを目標に日々取り組んでいます。地域の中での役割を考え自分達らしく、活躍できる機会を作っていきます。利用者さん家族の方、そして職員が1つでも多くの笑顔やうれしいことが増えるように取り組んでいます。

これからも、より深く地域に根ざし、たくさんの方と交流することが出来る「多機能型生活支援センター」を作り上げていきたいと考えています。

対象:18歳以上
定員:就労移行支援事業 6名
:就労継続支援事業B型 17名
:生活介護支援事業 17名
営業日:月~金曜日・祝日(年末年始は除く)
サービス提供時間: 9:30~15:30
日中一時支援・移動支援: 15:30~17:30
送迎:ご自宅までの送迎を行っています。
サービス提供地域:常陸太田市・東海村・那珂市・常陸大宮市・ひたちなか市・日立市
 ※その他の地域の方もお気軽にご相談ください。
住所:常陸太田市山下町1696-3
電話0294ー87ー8001(タップで電話)

ひとり一人の充実した毎日に向かって

ひとり一人が最大限、力を発揮することが出来るようなシステムをとっています。

いくつかある種類のなかから、色々なお仕事に挑戦したうえで自分に合うものをも見つけていけるようにしています。

勤務の時間は、1つのお仕事を1日するのもいいですし、午前・午後でお仕事を変えるのも可能です。

そして、お仕事をするうえで1番大切にしている事は、達成感を得られることです。それを積み重ねていくことで自信につなげいければと思っています。

お仕事が終わってからの時間も、充実できるように取り組んでいきます。

お仕事と余暇の時間の両立

その1
毎月1回その月にあったイベントを企画し、参加することを楽しみにお仕事に取り組んでいます。イベントの内容は、お出かけ・買い物など、社会に積極的に出る機会を作っています。

その2
15:30以降の時間を趣味や体を動かす時間にしていきます。
日替わりで決められている活動の中から興味のある活動に参加したり、健康な体の維持のために運動する機会を作っています。
今後の目標はフライングディスクの大会や駅伝大会に参加することです!

やまぶき お仕事紹介

組み立て課

・請負事業が中心です。直径1.3mmのキャップの中にバネを入れていく作業と、バリ取りを行っています。目標を持ちながら取り組んでいます。

食品梱包課

・焼き干し芋の袋詰め作業。指定されたグラム数に干し芋を分け袋に入れラミネートをかけます。

・チョコレート、ドライフルーツの袋詰め作業。決められた個数やグラム数に分け、ラミネートします。

農作業課

・お米・畑・花を作っています。田んぼは常陸太田市西河内にあります。きれいなお水と豊かな自然の中でお米を作っています。

・畑は常陸太田市下大門にあります。使用しなくなった畑を再利用し年間計画を基に心のこもった野菜を作っています。梅と栗の木もある素敵な畑です。

配達課

・クロネコヤマトのメール便の配達を行っています。配達する場所は地図で確認し、笑顔と元気なあいさつで配達を行っています。

手芸・革製品制作課

・現在は、ミシンの使い方や手芸のスキルアップ中ですが、今後は手さげバックや小物入れ等、オーダーメニューに対応していく予定です。
 革製品も名刺入れ、メガネケースなどオーダーで対応しています。

リサイクル課

・一般廃棄物の運搬を行っています。(現在は飲食店や家庭にお伺いしています)アルミ缶のリサイクル活動や新聞・雑誌、布やお洋服の回収も行っています。

安心生活課

・医療的なケアが必要な方でも居心地よく安心して過ごせるように対応しています。また、毎週月曜日の14時からはリフレクソロジーの時間を設けています。

・毎年1回健康診断を行っています(希望者)

リフレクソロジーとは・・・

刺激の少ないアロマの香りでリラックス効果を促しながら、足の裏を中心にマッサージすることで、血行促進など身体の調子を良い方向に促す効果があります。

多機能型生活支援センター やまぶきの地図